HOME

ポルシェ センター札幌

マネージャーインタビュー

ゼネラル・マネージャーの上野剛嗣が
ポルシェ センター札幌について語ります。




ポルシェ センター札幌の歴史を教えて下さい。

当社の輸入車販売の歴史は1928年に始まります。'77年には豊平区福住に拠点ができポルシェほかの販売権を取得します。現在の場所に移転してショールームを新築したのが'88年。'06年には道内でポルシェ独占販売を開始し、同年8月にリニューアルオープン。そして'16年4月、再びリニューアルし、最新のCI基準に沿った新しいショールームとなりました。


ショールームの立地にはメリットがあるそうですね。

高速道路のICが近いということです。遠方からのお客様にとって「ICで降りてすぐ」という立地は負担が少ないですし、ご試乗いただく際、すぐに高速道路にアクセスできるというメリットがあります。

北海道唯一の正規販売店として姿勢、考え方を教えて下さい。

私たちが販売しているのは車だけではなく、ポルシェとのカーライフそのものであると考えています。例えば高速道路やワインディングを含む試乗を行なうのも、機能確認の意味ではありません。ポルシェ入手後のライフスタイルをイメージしていただくための、大切な時間なのです。ショールームにも、スタッフにも、こうした姿勢を徹底し、万全の体制でおもてなししたいと考えております。


ショールームの特徴・こだわりを教えてください。

透明度の高いガラスを使用し、外から美しく見えるように配慮しているほか、照明も考慮しています。また道内唯一のショールームですから、常に全車種をご覧いただけ、「入りたい」と強く思っていただける「ポルシェ ミュージアム」を目指したいですね。また冬期間ご来店いただいた際には、せめて一時でも寒さを忘れ、ポルシェとのカーライフへ想いを馳せていただけるような空間づくりを続けていきたいと思います。

記憶に残るエピソードはありますか?

遠方からのお客様が来店され、札幌でのお仕事の前に立ち寄られたとのこと。試乗されましたが、少し迷っておられるようでした。そこで心を込めてサプライズな贈り物をさせていただくことにしました。宿泊先のホテルはお聞きしていたので、夕食で外出されていると思われる時間に、ホテルのフロントにワインをお預けしたのです。その翌日、ご自宅へお帰りになる前に再来店され、「とても嬉しかった。ありがとう」とお言葉をいただきました。そして間もなくご購入されたのです。ご来店いただいた御礼としてささやかな贈り物でしたが、私たちも心が通じた喜びに包まれました。

会社として大切にしている信条は何でしょうか?

「人」を大切にするということです。オーナー様とのお付き合い、新規のお客様との出逢い、スタッフどうしのやりとり。すべてにおいて「人」を重視しています。独自にイベントを開催したりショールームにこだわるのも、くつろいだ環境の中で、私たちとお客様、お客様とお客様のコミュニケーションを深めていただくため。ポルシェという車・ブランドを体験していただく環境を「人」を介してご提供していくということです。


オーナー様・お客様へメッセージをお願いします。

私たちは、車だけではなくポルシェからはじまるライフスタイルをご提供するという観点から、おくつろぎいただけるショールームやクオリティの高いサービス、様々なご購入プランやお乗り換え時の親身な対応、そしてオーナー様向けのイベントに至るまで、万全の体制でお待ちしております。
ご検討中のお客様の中には敷居が高そうと思われる方もいらっしゃいますが、若く明るいスタッフが揃っていますので、ぜひ足をお運びください。



セールス部門
セールス部門
平井所長へのインタビュー記事はこちらから
アフターサービス部門
アフターサービス部門
鈴木工場長 アフター・セールス・マネージャーへのインタビュー記事はこちらから