HOME

ポルシェ センター高松

スペシャルコンテンツ

ポルシェに惚れた日の思い出  代表取締役 戸田龍一

ル・マンの鮮やかな瞬間

父の代からポルシェの販売代理店となり、物心ついた頃からポルシェが身近にありました。それは幸せなことでしたが、「ポルシェとの出会い」に関しては、特別な記憶がありません。しかし私には、ポルシェに惚れ込んだ鮮やかな瞬間があります。

私は小学生の時から父やお客様から、ル・マン24時間レースの話を何度も聞いて育ちました。それから月日は流れ、ポルシェの営業マンとして働き始めた1994年。どうしてもこの目でレースを見たくなり、リュックを担いでフランスへと旅立ちました。初めて体感するル・マンのサーキットは、人々の熱気と迫力が想像のはるか上でした。すぐさまその魅力に取り込まれた一方で、レースに目を移すと、GT2クラス(市販車ベースクラス)ではポルシェの911RSR(以降:RSR)が他の流麗なマシンと比べてずんぐりむっくりに見え、またスピードもいまいちの印象でした。「なんか垢抜けないな」。そんな感想を抱きながら、寝袋にくるまって眠りにつきました。

翌日、6時半頃に目が覚めてサーキットに向かいました。朝の空気を裂いて走るマシンは、夜のうちに半分以下に減っていました。その時、私はあることに気づいて唖然としました。あの流麗なマシンは夜の間にリタイアし、生き残ったマシンもペースを落とす中、あのずんぐりしたRSRだけは、昨日と変わらぬペースで走行していたのです。あれもRSR、次もRSR、その次も…。ペースが落ちたマシンをぶち抜きながら、時計の針のように精密にラップを刻むRSRの姿を見て、気がつくと「いけいけー!」と涙を流しながら叫んでいる自分がいました。この年、RSRはGT2クラス1.2.3フィニッシュを飾りました。市販車とほぼ変わらないのに、この信頼性・耐久性・快適性、そして強さ・速さ。これが世界一のスポーツカーの真髄。「俺は世界一のスポーツカーを売っている幸せものなんだ!」と感動しました。

信頼の証・ポルシェ356

当社のガレージには、販売から半世紀以上を経たポルシェ356があります。スポーツカーなのに4人乗りという快適性は、当時の常識では考えられなかったそうです。356は今でも現役で、私が時々通勤に使っているだけでなく、レースにも出場しています。昨年も、鈴鹿のサーキットを全力で30分間走り抜けました。それでもケロッとしている356に、恐れ入るばかりです。初めてのル・マンで私が感動したポルシェの信頼性・耐久性・快適性。それを証明するのが、この356です。ポルシェに乗ることは、世界一の信頼を手に入れることだと思います。