HOME

メインナビゲーション
モデル
911
Panamera
Porsche - ポルシェ カレラカップ ジャパン

ニュース

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2016 第8戦(富士)決勝レースレポート

天候:晴れ 路面:ドライ 気温:31度 路面:45度(11時00分)

ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)の2016シリーズ第8戦ミシュランチャレンジ決勝レースが8月7日(日)、富士スピードウェイ(静岡県)で行なわれた。この日の富士も朝から厳しい暑さに見舞われ、第7戦同様のコンディションで決勝スタート時刻の11時10分を迎えた。

上位のスターティンググリッドはポールポジション(最前列アウト側)から#78近藤 翼、2番手(最前列イン側)に#14三笠雄一、以下、#7星野 敏、#9武井真司、#47 TAD JUN JUN、#25内山清士というオーダー。1周のフォーメーションラップの後、シグナルがブラックアウトし、決勝レースが正式に始まった。

好スタートを切ったのは近藤と星野。星野は三笠にいったんは並んだが、三笠がイン側をセーブ。武井も三笠に続く形でイン側を確保し、星野は4番手に下がる。だが、「自分のクルマはセクター2で良さそう」という星野が2周目のBコーナーで武井を再逆転。上位4台の隊列はグリッド順に戻った。その後はトップの近藤が三笠とのギャップを徐々に広げていく展開に。三笠も5周目にファステストラップを記録するスピードで追ったが、間隔を詰めるまでには至らず、近藤が今季6勝目をポール・トゥ・ウィンで決めた。「ペースを落とさないように、ていねいに走っていました。昨日はペナルティを受けるなど内容が良くなかったので、今日は何としても勝ちたかった」と近藤。2位の三笠は「前半はタイヤマネージメントを意識して、多少離されても落ち着いていたのですが、中盤でペースアップしたいところで上げ切れませんでした」と浮かない表情。それでも、「近藤選手との差は少しずつ縮まってきていると思うので、あと2戦をいい形で終えたい」と鈴鹿での巻き返しを誓っていた。

一方、1周目から始まった星野と武井の3番手争いは10周以上が経過。周回を重ねる中で、「星野選手がかなり攻めていたので、タイヤが厳しくなってくるのを待っていた」という武井だったが、「タイヤの内圧設定を外していたことで、逆に自分のほうが厳しくなってきてしまったと苦しい状況に。それでも、13周目のヘアピンで活路を見出そうとしたが、攻防の中で単独スピン。星野がオーバーオール3位・ジェントルマンクラス優勝のチェッカーフラッグを受けた。「レースの半分くらいは武井選手との間隔を確認しながら走るような状況でしたが、ポジションは何とかキープできるだろうと考えていました。まずはクラス5勝目を挙げることができてよかった」と2年ぶりのクラスチャンピオンに向けて大きなアドバンテージを築いたことに、静かな上気を窺わせた。

ジェントルマンクラスの2位は内山。レース中盤から#98 IKARI GOTOと2番手を争っていたが、11周目の1コーナーでGOTOを攻略。2戦ぶりの表彰台獲得となった。「後半勝負と考えていました。昨日の内容が良くなかったので、今日しっかり結果を残すことができてよかったです」。クラス3位には、GOTOやTAD JUN JUNとの3番手争いを制した#99佐野新世が入賞。2戦連続の表彰台となった。「今回は大きなトラブルなく、3位に入ることができました。鈴鹿もしっかり練習して臨みたい」と3戦連続の表彰台を狙う。

PCCJ 2016シリーズは残すところあと2戦。次回から鈴鹿サーキット(三重県)へ舞台を移し、第9戦公式予選が8月27日(土)、同決勝レースが8月28日(日)、SUPER GTの併催イベントとして行なわれる。両クラスともチャンピオン争いはいよいよ佳境を迎え、いつも以上に緊迫した戦いが繰り広げられそうだ。

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2016 第8戦ミシュランチャレンジ(富士) 決勝結果

2016年8月7日(土)11:13〜11:40
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos. Car# Class Driver Car Name Lap Time トップ差
1 78 近藤 翼/Tsubasa KONDO スカイ レーシング 15 26'18.600
2 14 三笠 雄一/Yuichi MIKASA GARMIN PORSCHE 15 26'21.154 2.554
3 7 G 星野 敏/Satoshi HOSHINO D'station 991 15 26'32.200 13.600
4 25 G 内山 清士/Kiyoshi UCHIYAMA エヌケーレーシング 15 26'45.669 27.069
5 99 G 佐野 新世/Shinyo SANO SKAD PORSCHE 15 26'47.585 28.985
6 98 G IKARI GOTO チームトーエイスピリット 15 26'49.197 30.597
7 2 G 田島 剛/Tsuyoshi TAJIMA タジマ レーシング 15 26'55.560 36.960
8 47 G TAD JUN JUN muta racing 15 26'55.798 37.198
9 9 武井 真司/Shinji TAKEI BINGO RACING 15 26'56.141 37.541
10 77 G 浜崎 大/Masaru HAMASAKI GRracingVentiler 15 26'56.845 38.245
11 32 G 永井 秀貴/Hideki NAGAI ナイン レーシング 15 26'57.760 39.160
12 6 G 米倉 正憲/Masanori YONEKURA GRracing 15 27'03.096 44.496
13 24 G 剛 覇矢人/Go Hayato みきゃん スペンダー GT3 15 27'04.785 46.185
14 10 G 齋藤 真紀雄/Makio SAITO BINGO RACING 15 27'19.262 1'00.662
15 19 G Yuri HAYASHI ナインレーシング 15 27'20.865 1'02.265
16 36 G 宇佐美 貴章/Takaaki USAMI ミツワオート GT3 カップ 15 27'29.077 1'10.477
17 *1 66 G ブライアン リー/Lee Brian GTO Racing 15 27'33.262 1'14.662
18 52 G 春山 次男/Tsugio HARUYAMA はるやまRACING TEAM 15 27'44.042 1'25.442
19 51 G ポール イップ/Paul IP PACE 15 27'48.671 1'30.071
20 *2 23 G 滝澤 智幸/Tomoyuki TAKIZAWA イエローコーン GT3 15 27'57.806
(27'07.806+50秒)
1'39.206
以上完走 (規定周回数 13Laps)

*1 CarNo.66は、富士スピードウェイ一般競技規則 第5章第16条5.(1)①②(他車への衝突行為)違反により、ドライブスルーペナルティを科した。
*2 CarNo.23は、富士スピードウェイ一般競技規則 第5章第17条2.(走路の安全規定)違反により、競技結果に対して50秒加算のペナルティを科した。

詳しくはこちら