HOME

メインナビゲーション
モデル
718
718 Cayman Models
出力(hp)/出力(kW) 300 PS/220 kW
0 - 100 km/h加速 5.1 s
718 Boxster Models
出力(hp)/出力(kW) 300 PS/220 kW
0 - 100 km/h加速 5.1 s
718 GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 365 PS/269 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
911
911 Carrera Models
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
911 Carrera T
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.2 s
911 Targa 4 Models
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.3 s
911 Turbo Models
出力(hp)/出力(kW) 540 PS/397 kW
0 - 100 km/h加速 3.0 s
911 GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 450 PS/331 kW
0 - 100 km/h加速 3.7 s
911 GT3 Models
出力(hp)/出力(kW) 500 PS/368 kW
911 GT2 RS
出力(hp)/出力(kW) 700 PS/515 kW
0 - 100 km/h加速 2.8 s
Panamera
Panamera Models
出力(hp)/出力(kW) 330 PS/243 kW
Panamera E-Hybrid Models
出力(hp)/出力(kW) 462 PS/340 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
Panamera GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 460 PS/338 kW
0 - 100 km/h加速 4.1 s
Panamera Turbo Models
出力(hp)/出力(kW) 550 PS/404 kW
0 - 100 km/h加速 3.8 s
Cayenne
Cayenne Models
出力(hp)/出力(kW) 340 PS/250 kW
0 - 100 km/h加速 6.2 s
Cayenne Turbo
出力(hp)/出力(kW) 550 PS/404 kW
0 - 100 km/h加速 4.1 s
E-Performance
Mission E
出力(hp)/出力(kW) 600 PS/440 kW
0 - 100 km/h加速 3.5 s
Mission E Cross Turismo
出力(hp)/出力(kW) 600 PS/440 kW
0 - 100 km/h加速 3.5 s
Porsche - ポルシェ カレラカップ ジャパン

ニュース

2018 第5-6戦(鈴鹿)予選レポート

天候:晴れ 路面:ドライ 気温:20度 路面:30度(セッション開始時)

ゴールデンウィークの5月3、4日に富士スピードウェイで第3戦、第4戦「モービル1チャレンジ」が開催されたポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)は、その約2週間後に今回の第5-6戦となる鈴鹿大会を迎えた。F1日本GPの舞台としても知られる鈴鹿サーキットでのPCCJは今シーズン初レースということもあり、新たに導入されたタイプ991 第2世代のニュー911 GT3 Cupがどのようなパフォーマンスを見せるのか注目された。

予選前日に行われた専有走行で早くもニュー911 GT3 CupとPCCJドライバーは、その実力を見せつける。PCCJジュニアプログラムドライバーの#18 上村優太が2分5秒343、2016年PCCJシリーズチャンピオンの#78 近藤 翼が2分5秒457と、PCCJの鈴鹿コースレコード2分5秒055に迫るタイムを記録。ジェントルマンクラスのトップタイムは#98 IKARIの2分6秒949で、非公式ながらPCCJジェントルマンクラスの鈴鹿コースレコード2分7秒443を上回るラップタイムを記録した。

19日(土)の公式予選は雨が心配されたが、朝までには止んで青空が広がっていたものの強風が吹き荒れていた。予選は11時25分から30分間の予定でスタートする。PCCJは1回のみの予選で第5-6戦のスターティンググリッドが決まるため、早い段階から各車ともタイムアタックに入る。その戦いは、前日の専有走行を上回るハイレベルなものとなり、2周目にはジェントルマンクラスの#20 鈴木宏和がトップタイムをマーク。翌3周目からは、さらなるタイムアップが展開されて#78 近藤が2分4秒台に突入し、4周目には2分4秒284のコースレコードを記録した。これを追いかける#18 上村は2分5秒台で一歩遅れを取っていたが、一台のマシンがシケイン立ち上がりでコースアウトを喫して予選は赤旗中断に。

この中断時にピットへと戻った各車は、マシンのセッティング調整とニュータイヤへの交換などの作業を行い、予選再開に備えた。この再開後に#18 上村は、#78 近藤のタイムを上回る2分4秒194をマークして鈴鹿のPCCJニューコースレコードを樹立した。「予選中断時にマシンをアジャストし、ニュータイヤに交換したことで4秒台に突入することができました。近藤選手のタイムを上回り、ポールポジションを獲得できたのは嬉しいですね」と、#18 上村は喜びを語る。#78 近藤は前車との間隔を開けてタイムアタックに挑むが、クリアラップをうまく取ることができずに#18 上村のタイムを逆転できずに終わる。予選後、#78 近藤は「他車に引っかかってしまい、うまくクリアラップを取ることができませんでした。今日はマシンの調子も良かったので3秒台は出せると思ったのですが……」と、悔しさを滲ませていた。

予選総合3番手には、ジェントルマンクラスのコースレコードとなる2分5秒049を記録した#20 鈴木が入る。このタイムは従来のコースレコードを2秒以上も縮めたものであった。「昨日の専有走行では8秒台しか出せず、色々な方からアドバイスを受けて今日試してみたら5秒台を記録することができました。自分でも驚いていますが、決勝ではスタートから前の2人について行ければと思います」と#20 鈴木は予選を振り返る。2番手の#98 IKARIは「決勝は落ち着いて表彰台を狙っていきます」、3番手の#32 永井は「クラス3番手スタートなので、地元の鈴鹿で初優勝を目指していきます」と語る。

セカンドベストタイムで決定した第6戦の予選結果は、ポールポジションが#78 近藤、2番手が#18 上村、3番手がジェントルマンクラスの#20 鈴木となっている。ジェントルマンクラスの2番手は#98 IKARI、3番手は#32 永井と第5戦と同じ結果となっている。

決勝ではフロントローに並んだ#78 近藤と#18 上村のバトルに加えて、ジェントルマンクラスの#20 鈴木が予選結果の通りオーバーオールで表彰台に上れるか否かに注目が集まる。第5戦の決勝レースは19日16時20分〜、第6戦の決勝レースは20日12時〜、両日10周で競われる。

2018 第5戦(鈴鹿)予選結果

2018年5月19日(土)11:25〜12:01
Weather:Fine  Track:Dry
Pos. No. Cls. Driver Team/Car Time Delay Gap Lap
1 18 - 1 上村 優太/Y.KAMIMURA ポルシェ ジャパン ジュニア プログラム R  2'04.194 168.33km/h 9/12
2 78 - 2 近藤 翼/T.KONDO SKY RACING R  2'04.284 0.090 0.090 4/12
3 20 G 1 鈴木 宏和/H.SUZUKI ウォルター ウルフ レーシング ジャパン R  2'05.049 0.855 0.765 3/9
4 7 - 3 星野 敏/S.HOSHINO D’station Porsche 2'05.405 1.211 0.356 4/11
5 34 - 4 内田 優大/Y.UCHIDA air-J GT3 & KRM  2'05.634 1.440 0.229 7/12
6 19 - 5 片山 義章/Y.KATAYAMA OIRC team YTB 2'05.818 1.624 0.184 4/13
7 9 - 6 武井 真司/S.TAKEI BINGO RACING  2'05.915 1.721 0.097 9/13
8 98 G 2 IKARI TOEI BJR PORSCHE R  2'06.226 2.032 0.311 9/13
9 32 G 3 永井 秀貴/H.NAGAI NINE RACING R  2'06.334 2.140 0.108 4/12
10 47 G 4 TAD JUN JUN ムータレーシング R  2'06.520 2.326 0.186 10/13
11 3 G 5 TAKASHI HATA A-NeKT GT3&KRM R  2'06.994 2.800 0.474 8/11
12 11 G 6 倉谷 蓮/R.KURATANI Flink GT3 & KRM R  2'07.143 2.949 0.149 9/13
13 25 G 7 内山 清士/K.UCHIYAMA エヌケー レーシング R  2'07.187 2.993 0.044 8/12
14 77 G 8 浜崎 大/M.HAMASAKI GRracing Ventiler R  2'07.345 3.151 0.158 8/13
15 58 G 9 山口 智英/T.YAMAGUCHI D’station Porsche 2'07.683 3.489 0.338 8/13
16 2 G 10 田島 剛/T.TAJIMA NINE RACING 2'07.963 3.769 0.280 8/13
17 21 G 11 高田 匠/T.TAKATA GRracing 2'08.837 4.643 0.874 7/12
18 23 G 12 滝澤 智幸/T.TAKIZAWA スパーク GT3Cup 2'10.123 5.929 1.286 4/10
19 36 G 13 SKY Chen SKY MOTORSPORTS 2'10.337 6.143 0.214 8/13
20 51 G 14 春山 次男/T.HARUYAMA BINGO RACING 2'12.050 7.856 1.713 4/11
以上予選通過車両

開始時刻:11:25'00
赤旗提示時刻:11:36'57~11:43'00
終了時刻:12:01'00

"R"マークの車は、コースレコードを更新しました。従来のレコードタイムは (-) 2'05.055 (G) 2'07.443

予選通過基準タイム ( 120 % ) 2'29.032

計時委員長 : Hiroyuki TAKAI  競技長 : Yoshihiro NAKASHIMA  審査委員長 : Kazuhiro TSUGE

 

2018 第6戦(鈴鹿)予選結果

2018年5月19日(土)11:25〜12:01
Weather:Fine  Track:Dry
Pos. No. Cls. Driver Team/Car Time Delay Gap
1 78 - 1 近藤 翼/T.KONDO SKY RACING R  2'04.346 168.12km/h
2 18 - 2 上村 優太/Y.KAMIMURA ポルシェ ジャパン ジュニア プログラム R  2'04.971 0.625 0.625
3 20 G 1 鈴木 宏和/H.SUZUKI ウォルター ウルフ レーシング ジャパン R  2'05.305 0.959 0.334
4 7 - 3 星野 敏/S.HOSHINO D’station Porsche 2'05.832 1.486 0.527
5 19 - 4 片山 義章/Y.KATAYAMA OIRC team YTB 2'05.886 1.540 0.054
6 34 - 5 内田 優大/Y.UCHIDA air-J GT3 & KRM 2'06.040 1.694 0.154
7 9 - 6 武井 真司/S.TAKEI BINGO RACING 2'06.329 1.983 0.289
8 98 G 2 IKARI TOEI BJR PORSCHE R  2'06.379 2.033 0.050
9 32 G 3 永井 秀貴/H.NAGAI NINE RACING R  2'06.904 2.558 0.525
10 47 G 4 TAD JUN JUN ムータレーシング R  2'07.140 2.794 0.236
11 3 G 5 TAKASHI HATA A-NeKT GT3&KRM R  2'07.180 2.834 0.040
12 25 G 6 内山 清士/K.UCHIYAMA エヌケー レーシング R  2'07.300 2.954 0.120
13 77 G 7 浜崎 大/M.HAMASAKI GRracing Ventiler R  2'07.408 3.062 0.108
14 11 G 8 倉谷 蓮/R.KURATANI Flink GT3 & KRM 2'07.607 3.261 0.199
15 2 G 9 田島 剛/T.TAJIMA NINE RACING 2'08.278 3.932 0.671
16 58 G 10 山口 智英/T.YAMAGUCHI D’station Porsche 2'08.371 4.025 0.093
17 21 G 11 高田 匠/T.TAKATA GRracing 2'09.043 4.697 0.672
18 36 G 12 SKY Chen SKY MOTORSPORTS 2'10.671 6.325 1.628
19 23 G 13 滝澤 智幸/T.TAKIZAWA スパーク GT3Cup 2'11.030 6.684 0.359
20 51 G 14 春山 次男/T.HARUYAMA BINGO RACING 2'12.068 7.722 1.038
以上予選通過車両

開始時刻:11:25'00
赤旗提示時刻:11:36'57~11:43'00
終了時刻:12:01'00

"R"マークの車は、コースレコードを更新しました。従来のレコードタイムは (-) 2'05.055 (G) 2'07.443

予選通過基準タイム ( 120 % ) 2'29.215

計時委員長 : Hiroyuki TAKAI  競技長 : Yoshihiro NAKASHIMA  審査委員長 : Kazuhiro TSUGE

詳しくはこちら