HOME

メインナビゲーション
モデル
718
718 Cayman Models
出力(hp)/出力(kW) 300 PS/220 kW
0 - 100 km/h加速 5.1 s
718 Boxster Models
出力(hp)/出力(kW) 300 PS/220 kW
0 - 100 km/h加速 5.1 s
718 GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 365 PS/269 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
911
911 Carrera Models
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
911 Carrera T
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.2 s
911 Targa 4 Models
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.3 s
911 Turbo Models
出力(hp)/出力(kW) 540 PS/397 kW
0 - 100 km/h加速 3.0 s
911 GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 450 PS/331 kW
0 - 100 km/h加速 3.7 s
911 GT3 Models
出力(hp)/出力(kW) 500 PS/368 kW
911 GT2 RS
出力(hp)/出力(kW) 700 PS/515 kW
0 - 100 km/h加速 2.8 s
Panamera
Panamera Models
出力(hp)/出力(kW) 330 PS/243 kW
Panamera E-Hybrid Models
出力(hp)/出力(kW) 462 PS/340 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
Panamera GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 460 PS/338 kW
0 - 100 km/h加速 4.1 s
Panamera Turbo Models
出力(hp)/出力(kW) 550 PS/404 kW
0 - 100 km/h加速 3.8 s
Cayenne
Cayenne Models
出力(hp)/出力(kW) 340 PS/250 kW
0 - 100 km/h加速 6.2 s
Cayenne Turbo
出力(hp)/出力(kW) 550 PS/404 kW
0 - 100 km/h加速 4.1 s
E-Performance
Mission E
出力(hp)/出力(kW) 600 PS/440 kW
0 - 100 km/h加速 3.5 s
Mission E Cross Turismo
出力(hp)/出力(kW) 600 PS/440 kW
0 - 100 km/h加速 3.5 s
Porsche - GT3 カップチャレンジ ジャパン - ポルシェ GT3 カップチャレンジ ジャパン 2016 第1戦 公式予選レポート

2016 第1戦 公式予選レポート

第1戦 公式予選  8:50 〜 9:16 / 天候:晴れ / 路面:ドライ

Porsche Carrera Cup Japanのステップアップカテゴリーとして開催されているPorsche GT3 Cup Challenge Japan(GT3CC)が、5月15日、静岡県の富士スピードウェイで2016年シーズン開幕戦を迎えた。今年で7年目となるGT3CCは、第1戦 / 第2戦 富士スピードウェイに続いて、第3戦 / 第4戦 岡山国際サーキット(7月3日)、第5戦 / 第6戦 ツインリンクもてぎ(7月31日)、第7戦 / 第8戦 スポーツランドSUGO(9月11日)、第9戦 / 第10戦 富士スピードウェイ(11月6日)の5大会10戦でシリーズタイトル争いが繰り広げられる。

参加クラスは、2010-2013年式911 GT3 Cupで戦うカップクラス カテゴリー1、2001-2001年式911 GT3 Cupのカップクラス カテゴリー2、さらに、LM-GT2やFIA GT2車両、SUPER GT用マシンなどが使用可能なオープンクラスを設定。タイヤは、2016年シーズンからミシュランのワンメイクに変更となっている。開幕戦にはカテゴリー1が18台、カテゴリー2が2台、オープンクラスが1台の計21台がエントリーし、昨シーズンにも増して激しいバトルが予想される。

第1戦のスターティンググリッドを決める公式予選は、爽やかな青空が広がる格好のコンディションのもと、午前8時50分にスタート。前日のフリー走行では#84 Masa TAGAがトップタイムの1'45.099をマークしていることから、公式予選では1'44秒台のトップ争いが予想された。

序盤から好調な走りを見せたのは#11 Fukujirouと#86 福田幸平。予選序盤に1'45秒台を叩き出したこのふたりが中盤にさらにタイムを縮めていくなか、#86 福田は4周目に1'44.558のコースレコードをマークして暫定トップに。これを#11 Fukujirouが追うが、1'45秒を切るにはいたらない。

さらに、#5 TAGAや#12 Aquira Stanleyが1'45秒台のタイムで続き、ポールポジション争いが白熱したところで、#2 北井 武が1コーナーで単独クラッシュし、マシンはストップ。マシンとコース上に散らばったパーツを回収するため赤旗が提示されることに。

9分間の中断のあと、残り時間5分で予選が再開されると、赤旗によりタイムアタックできなかったドライバーがポジションアップを狙ってコースイン。ここで、素晴らしい走りを見せたのが#21 銘苅 翼で、予選再開後2周目に1'44.676のコースレコードを叩き出して2位、さらに3周目にはタイムを縮めて1'44.543とし、#86 福田に0.015の差をつけてポールポジションを獲得した。

3位は1'45.064をマークした#12 Stanleyが入った。カップクラス カテゴリー2は、初出場の#31 小川勝人が総合15番手タイムの1"48.678をマークしてクラストップ。オープンクラスは唯一参加の#13 テルオが1'49.817の総合18番手で予選を終えている。

カップクラス カテゴリーⅠ
予選1位 #21 銘苅 翼

ツーリングカーのレースは初めてで、このクルマに乗るのも昨日のフリー走行が初めて。ニュータイヤの特性を掴みきれず、不安を抱えたまま臨んだ予選でした。アタック中に赤旗が出てしまい、再開後2周の計測で集中して走りました。納得のいく走りとは言えませんが、ポールポジションを獲ることができて、まずはホッとしています。(コースレコードを記録した)2周はいずれもミスをしてしまったので、決勝ではミスせず、クルマをぶつけないようにして頑張りたいと思います。

予選2位 #86 福田幸平

自分なりにベストは更新できましたが、アタック2周目で赤旗が出てしまいました。一番良い状態のアタックができなかったのが残念です。決勝は、トップ2台が1'44秒台なので、速いペースで良い駆け引きをしていきたいと思います。隙があればどんどんいきますし、第2戦に向けてベストラップも狙っていきます。

予選3位 #12 Aquira Stanley

自分なりにベストのタイムを出していますが、前の2人には追いつけなかった。2人の速さを実感する結果です。

カップクラス カテゴリーⅡ
予選1位 #31 小川勝人

「速く安全に走る」、「あまり頑張りすぎない」というアドバイスを守って走った結果です。GT3CCは初めてですが、走っているだけで楽しいですね。とくにリヤタイヤにトラクションがかかった瞬間が楽しい。決勝はアクシデントなく、完走するが目標です。

オープンクラス
予選1位 #13 テルオ

まだコースに慣れていないので、おっかなびっくりでしたが、ようやく走れたという印象です。富士のコースは難しいですが頑張ってタイムアップを目指します。

お問い合わせ

Porsche Sprint Challenge Japan

ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)事務局
〒259-0157 神奈川県足柄上郡中井町境405(コックス株式会社 内)
電話:0465-80-3808 FAX: 0465-80-1202
受付時間: 10:00〜18:00(土・日・祝日・夏季・年末年始を除く)
上記時間外についてはメールにてお問い合わせください。
E-mail:pccj@cox.co.jp