HOME

メインナビゲーション
モデル
718
718 Cayman Models
出力(hp)/出力(kW) 300 PS/220 kW
0 - 100 km/h加速 5.1 s
718 Boxster Models
出力(hp)/出力(kW) 300 PS/220 kW
0 - 100 km/h加速 5.1 s
718 GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 365 PS/269 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
911
911 Carrera Models
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
911 Carrera T
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.2 s
911 Targa 4 Models
出力(hp)/出力(kW) 370 PS/272 kW
0 - 100 km/h加速 4.3 s
911 Turbo Models
出力(hp)/出力(kW) 540 PS/397 kW
0 - 100 km/h加速 3.0 s
911 GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 450 PS/331 kW
0 - 100 km/h加速 3.7 s
911 GT3 Models
出力(hp)/出力(kW) 500 PS/368 kW
911 GT2 RS
出力(hp)/出力(kW) 700 PS/515 kW
0 - 100 km/h加速 2.8 s
Panamera
Panamera Models
出力(hp)/出力(kW) 330 PS/243 kW
Panamera E-Hybrid Models
出力(hp)/出力(kW) 462 PS/340 kW
0 - 100 km/h加速 4.6 s
Panamera GTS Models
出力(hp)/出力(kW) 460 PS/338 kW
0 - 100 km/h加速 4.1 s
Panamera Turbo Models
出力(hp)/出力(kW) 550 PS/404 kW
0 - 100 km/h加速 3.8 s
Cayenne
Cayenne Models
出力(hp)/出力(kW) 340 PS/250 kW
0 - 100 km/h加速 6.2 s
Cayenne Turbo
出力(hp)/出力(kW) 550 PS/404 kW
0 - 100 km/h加速 4.1 s
E-Performance
Mission E
出力(hp)/出力(kW) 600 PS/440 kW
0 - 100 km/h加速 3.5 s
Mission E Cross Turismo
出力(hp)/出力(kW) 600 PS/440 kW
0 - 100 km/h加速 3.5 s
Porsche - GT3 カップチャレンジ ジャパン - ポルシェ GT3 カップチャレンジ ジャパン 2016 第2戦 決勝レポート

2016 第2戦 決勝レポート

第2戦 決勝  16:05 〜(10周) / 天候:晴れ / 路面:ドライ

Porsche GT3 Cup Challenge Japan(GT3CC)第2戦の決勝レースは、同日行われた第1戦のベストラップをもとにスターティンググリッドを決定。ポールポジションは、開幕戦で優勝しファステストラップをマークした#21 銘苅 翼が獲得。これに、#12 Aquira Stanley、#86 福田幸平が続いた。

ローリングスタートにより火蓋が切られた第2戦の決勝レースは、初戦同様、ポールポジションの#21 銘苅が無難なスタートを決めたかに見えたが、1コーナーの進入でミスしオーバーラン。これがもとで#12 Stanleyと#86 福田の先行を許すことに。トップに躍り出た#12 Stanleyはニュータイヤを武器に2位との差を広げようとするが、勢い余ってダンロップコーナーでコースアウトし、この隙に#86 福田がトップ、#21 銘苅が2番手までポジションを戻した。

しかし、ユーズドタイヤを使う#21 銘苅は#12 Stanleyの追撃に耐えきれず、2周目の最終コーナーでついに2位の座を#12 Stanleyに明けわたしてしまう。勢いに乗る#12 Stanleyは、今度は#86 福田との差を詰めていく。一方、3位の#21 銘苅は4番手を走る#11 Fukujiroに詰め寄られるが、後半はペースには上がり、ポジションを維持した。

終盤も#86 福田と#12 Stanleyのトップ争いが続いたが、落ち着いたドライビングを貫いた#86 福田が逃げ切りトップでゴール、第2戦優勝を果たした。2位でチェッカードフラッグを受けた#12 Stanleyは、コースアウト時の復帰に問題があったため30秒加算のペナルティが科されポジションダウン。最終的には#21 銘苅が2位、#11 Fukujiroが3位となった。

カップクラス カテゴリーⅡは、#50 須崎弘一郎が0.676秒の僅差で#31 小川勝人を抑え、2戦連続の優勝。また、オープンクラスの#13 テルオは第1レースよりもトータルタイムを約7秒縮めて完走を果たしている。

総合優勝 #86
福田幸平(カップクラス カテゴリーⅠ)

1周目しかチャンスはないと思っていましたが、運良くポールポジションの21号車が1コーナーで膨らみ、そのあと12号車がダンロップコーナーで飛び出してくれました。そこからは必死で逃げることしか考えていませんでした。このまま次戦も優勝を目指して頑張りたいと思います。

総合2位 #21
銘苅 翼(カップクラス カテゴリーⅠ)

スタート直後の1コーナーで失敗し、2台に抜かれたのがいけなかった。その後もタイヤがゴミを拾いペースがなかなか上がらなかったり、周回遅れの車両に引っかかったりと辛い場面が続きました。それでも、なんとか後続の11号車に抜かれないよう集中し、より前に行くにはどうしたいいかを考えながらレースを続けました。悔しいという気持ちよりも、自分なりにやりきったという達成とともにレースを終えました。

カップクラス カテゴリーⅡ
優勝 #50 須崎弘一郎

事故もなく、なんとかゴールできたおかげで結果を残せましたが、もう少しペースを上げて走れるといいなぁと思っています。まだまだクルマに慣れていませんが、着実に学んでいるという実感はあります。次戦も安全に頑張ります。

オープンクラス
優勝 #13 テルオ

スピンや事故もなく、楽しいレースができました。とりあえず完走できてよかった。周囲にクルマがいる状態で走れることができたおかげで、レースの雰囲気が味わえたというのもよかった点です。

お問い合わせ

Porsche Sprint Challenge Japan

ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)事務局
〒259-0157 神奈川県足柄上郡中井町境405(コックス株式会社 内)
電話:0465-80-3808 FAX: 0465-80-1202
受付時間: 10:00〜18:00(土・日・祝日・夏季・年末年始を除く)
上記時間外についてはメールにてお問い合わせください。
E-mail:pccj@cox.co.jp