閉じる

Porsche Drive Rental 体験レポート

Porsche Drive Rental

体験レポート

Porsche Drive Rental User's Voice : Yosuke Kashiwakura

職業柄、ミニバンやSUVがファーストチョイス。
でもたまには、911に乗りたい

ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介さん

初めてポルシェに乗るという方はもちろん、ご自身のポルシェと最新モデルを比べてみたいという方、余裕はあるけれどあえてクルマを所有せずに気分やシチュエーションに合わせてこのサービスを利用する方まで、実に幅広い層が利用するPorsche Drive Rental。
今回は、ネイチャーフォトグラファーの柏倉陽介さんが、この公式レンタカーサービスを使って、ポルシェ911カレラ4Sカブリオレをドライブした。

──ポルシェ911カレラ4Sカブリオレをお選びになった理由をお聞かせください。

柏倉 以前にこのサービスを利用してカイエンに乗ったことがあって、すごくパワフルで快適でした。そこで今回は、伝統的なスポーツカーに乗りたいと思い911を選びました。

──ネイチャーカメラマンというお仕事は、やはりクルマに乗る機会が多いのでしょうか?

柏倉 はい、年間に2万kmから3万kmは走ります。ただ、大量の機材を積んで、スタッフを乗せて凸凹道に入っていくことが多いので愛車の選択肢は限られていて、ミニバンやSUV的なクルマになってしまいます。でも実は、911のようなスポーツカーに対しては憧れを持っていた。Porsche Drive Rentalはまさにそうした思いを叶えてくれますね。

──ポルシェ911のドライバーズシートに座ってみて、いかがでしょう?

柏倉 911は人生初体験なんですよ。憧れのクルマだし、いつも乗っているクルマより目線が低くてインテリアもコックピットみたいでカッコいいから、めっちゃテンションが上りますね。

車両の受け渡し場所である虎ノ門ヒルズを出て軽くアクセルを踏み込むと、ポルシェ911カレラ4Sカブリオレは乾いた快音とともに力強く加速した。

柏倉 いやぁ、地面をしっかり蹴っているっていうんですか、街中でも普通のクルマとは全然違うことが伝わってきます。これで高速や山道とかで走ったら、どんな風になるんでしょう?

気鋭のフォトグラファーがポルシェと過ごす一日が、こうして始まった。

柏倉陽介Kashiwakura Yosuke

1978年生まれ。山岳系の専門誌の編集部に出入りしながらカメラマンを志すようになり、雑誌や広告を中心に自然に関わる分野を幅広く撮影するようになる。自然風景や自然と対峙する人々がテーマ。ナショナルジオグラフィック国際フォトコンテスト入賞、ネイチャーズベストフォトグラフィー(国際版)入賞、国連気候変動枠組条約締約国会議に作品展示、Monochrome Photography Awards ランドスケープ・フォトグラファー・オブザイヤー受賞など、その実力はグローバルでも高く評価される。

ポルシェ911

1963年にデビューしたタイプ901以来、ポルシェ911は60年近くにわたって磨き上げられてきた。いつの時代も“スポーツカーのメートル原器”と称されてきた911。今回、柏倉さんが乗ったタイプ991は7世代目となる。高い走行性能と快適性が高度にバランスした傑作中の傑作である。

SPEC
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ(タイプ991)
全長 x 全幅 x 全高=4,505mm ×1,850mm ×1,295mm
トランスミッション:7速PDK
エンジン:水平対向6気筒(4バルブ)ツインターボ
エンジン排気量:2981cc
最高出力:450PS
最大トルク:500Nm
最高速度:301km/h
0-100㎞加速:4.2秒
乗車定員:4名

ポルシェのプレミアムなレンタカーサービスを是非お試しください。

予約はこちら