閉じる

Timeless Machine.

Timeless Machine.

誰もがそれとわかるシルエット。
厳然と貫かれた思想と哲学が、そこにある。
鍛え抜かれた力はより強く。
ドライバーを支えるテクノロジーは更に厚く。

時代を超えるという、強い意志から生まれた、
新たな進化の結晶。

過去を誇れるか。未来を語れるか。

Timeless Machine.

The new 911.

MOVIE

THE 911 CONCEPT.

THE 911 CONCEPT.

変わらぬ象徴としての地位。
世界中どこでも通用するアイコン。

詳しくはこちら

911 カタログ (PDF; 7.3 MB)

Lighting and assistance systems.

Lighting and assistance systems.

充実化された安全装備はこちらから

詳しくはこちら

911 カタログ (PDF; 7.3 MB)

Design.

Design.

色褪せない伝統と現代性の
かつてない融合。

詳しくはこちら

911 カタログ (PDF; 7.3 MB)

Engine and performance.

Engine and performance.

不可能を可能にする。その意志こそ、
ポルシェエンジニアの最も強い原動力です。

詳しくはこちら

911 カタログ (PDF; 7.3 MB)

Usability

Usability

後部座席にキャディバックを2本積むことが可能。
助手席を元に戻し、二人でゴルフに行くことができます。

911 カタログ (PDF; 7.3 MB)

ポルシェフルラインナップセッション2020

911. Turbo. S.

たとえ一つずつ切り取られていたとしても、これらの言葉はエンスージアストの心を沸き立たせます。では、この3つが一体となった時は、何を意味するでしょうか。答えは、頂点。911ターボSが特別な1台であることは、ポルシェのエンジニアが“完璧なスポーツカーの象徴”として挙げていることからも明らかです

詳しくはこちら

911 MODELS

F model

F model

Construction years: 1963-1973

革新を生み、エモーションをかき立てる。911にとって、その2つの言葉は決して切り離せないものであり、誕生から継承されてきたコンセプトです。初代911は、1963年9月12日にフランクフルト・アム・マインで開催されたIAA(フランクフルト国際モーターショー)で、901として発表されました。
しかし、この数字はすでにフランスの自動車メーカーが商標登録しており、ポルシェに対し異を唱えたのです。それは、ポルシェにとって幸運なことでした。なぜなら、911という今や象徴的な名前を得ることができたからです。伝説的な356の後継モデルである911は、フェリー・ポルシェが構想した「2つの快適なエマージェンシーシートを備えた2シーター」として開発。フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェのチームが手がけたデザインは、20世紀を代表するものに。
心臓部には排気量2.0リッターの水平対向6気筒エンジンを搭載し、96kW(130PS)の最高出力を生み出しました。

F model

Construction years: 1963-1973

モデル概要

G model

G model

Construction years: 1973-1989

911の第2世代、すなわちGシリーズは1973年に登場。ポップであざやかなカラーで彩られた時代の中、初代911のクロームバンパーは変更されました。Gシリーズを大きく特徴づける装備となったのがセーフティバンパーです。これは米国の安全規制に対する、ポルシェならではの理想的な答えでした。また1975年から革新的な両面亜鉛メッキボディが採用されるほか、衝撃吸収ステアリングホイール、運転席と助手席用の3点式シートベルト、一体型ヘッドレストにより乗員保護のさらなる強化を実現。1983年以降にはエンジンに電子制御を導入し、効率性が大幅に向上しました。Gシリーズの最初のエンジンは排気量が2.7リッターで、最高出力は110kW(150PS)。最もパワフルな911カレラの3.2リッター水平対向エンジンは、最高出力170kW(231PS)を達成しています。全身には躍動感が強くほとばしり、静止している時でさえ見る人の心を昂らせました。

G model

Construction years: 1973-1989

モデル概要

964

964

Construction years: 1988-1994

初代モデルの誕生から25年を経た第3世代において、911はテクノロジーの面で飛躍的な進化を遂げます。964は、911独自のデザインコンセプトを体現する一方で、85%におよぶコンポーネントを一新。数々の先進的技術が投入され、中でもハイライトとなったのがパワーステアリングとアンチロック ブレーキシステム(ABS)です。1991年には初めて運転席と助手席にエアバッグが標準装備されました。3.6リッター水平対向エンジンはパワフルで、最高出力184kW(250PS)を発生。そして最大の革新は“4”の数字に秘められていました。意味するのは、パリ-ダカールラリーで挑戦を重ねたポルシェが、1980年代のラリースポーツを通して開発した911の4輪駆動システム。そのテクノロジーを備えたモデルは911カレラ4として量産がスタートしました。結果として、一つの真価、つまり雨や雪であっても常に味わえるドライビングプレジャーがもたらされることになったのです。

964

Construction years: 1988-1994

モデル概要

G model

993

Construction years: 1993-1998

よりフラットなフロントフェンダー、傾斜したヘッドライト、ボディに溶け込むように一体化されたバンパー。第4世代の911である993は、これまでの先代モデルと比べて流麗さが増し、空力特性を高めたことで燃費性能の向上を実現しました。拡大されたリアも特徴的で、外観にさらなるスポーツ感覚を与えています。3.6リッターエンジンは最高出力200kW(272PS)のパワーを発揮。6速トランスミッションが駆動力を的確に伝え、最高速度は270km/h をマーク。また初めてマルチリンク式リアサスペンションが備わり、ドライビングダイナミクスは大幅に引き上げられました。しかし、911の一つの特徴が代わることになります。993は、空冷式エンジンを搭載する最後の911モデルとなったのです。911のクラシックエンジンを称える熱い声は、時代を超えて今もなお広がりを見せています。

993

Construction years: 1993-1998

モデル概要

996

996

Construction years: 1997-2005

996を特徴づけるのが、インジケーターライトを統合したヘッドライト、低く傾斜するフロントウインドウ、先進的なインテリアデザイン、そして911初の水冷式エンジンです。さまざまな声が巻き起こりましたが、この第5世代の911は持続可能性を徹底して追求することで大きな進化を遂げました。さらなる軽量化が図られたほか、ホイールベースの延長とよりワイドなボディ設計によって室内にはいちだんとゆとりある空間を形成。最高出力221kW(300PS)のエンジンとボディには革新的テクノロジーが注がれ、新たなベンチマークを確立。効率性や快適性、ダイナミクスもいっそう強化されています。そして、水冷式であっても真の911と呼べるのか。沸き起こる議論に対し、ヴァルター・ロールは彼ならではの方法を提示しました。「ニュルブルクリンクをさらに速く走れる911であるかどうか」。答えは明確に導き出されました。996は、先代の993より11秒も速いタイムを叩き出したのです。

996

Construction years: 1997-2005

モデル概要

997

997

Construction years: 2004-2012

997は、そのパフォーマンスだけでも驚きを与えます。3.8リッターエンジンを搭載したSモデルは261kW(355PS)の最高出力を生み出し、発進から100km/hまでをわずか4.7秒で到達。エクステリアには個性がみなぎり、先代モデルよりも力強くダイナミックな姿に変わりました。
ヘッドライトは再びラウンドタイプに回帰。ホイールが大径化されるほか、リアはいっそうワイドになり、フェンダーの形状も力強さを増しました。
デザインが911のルーツを感じさせる一方で、内には21世紀ならではのテクノロジーを導入。2008年、ポルシェ ドッペルクップルング(PDK)とともに、911カレラに初めてダイレクト フューエル インジェクション(DFI)を採用し、パワーの増大と燃料消費量の低減を両立させました。相反する要素の融合が、エモーショナルなドライビングの可能性を広げたのです。

997

Construction years: 2004-2012

モデル概要

991

991

Construction years: 2011-2019

2011年、第7世代の911の生産が始まりました。伝統を受け継ぎ、自らを磨くことで未来への扉を開いたスポーツカー。911カレラSは最高出力294kW(400PS)の傑出したパワーと同時に、先進のテクノロジーによって高効率を実現。また、アルミニウムとスチールを組み合わせたインテリジェントな軽量設計により、先代モデルと比べて重量の削減を達成。ホイールベースが100mm 延長されたほか、最大20インチまでのホイールの装着が可能になりました。エクステリアでは、シャープかつエッジの効いたリアデザインが精悍さを際立たせます。2017年5月には、100万台目の911がラインオフしました。造られたのは、アイリッシュグリーンのカレラS。カラーには、かつてフェリー・ポルシェが社用車に使っていた911へのオマージュが込められています。数え切れない革新とエモーションにより紡がれてきた、50年にわたる栄光の物語の象徴です。

991

Construction years: 2011-2019

モデル概要

Timeless Machine.

Timeless Machine.
過去を誇れるか。未来を語れるか。

The new 911.

第8世代となる新型911は、時代を超えるという不変の意志から生まれた新たな進化の結晶です。直線的に傾斜する、独特な窪みの入ったフロントフードは初代911から着想を得たデザイン。リアでは、細く水平に伸びるテールライトストリップが911のワイドなリアエンドをさらに強調します。シートに座れば、水平基調のスタイルが視線を捉え、ダッシュボードには大型の10.9インチタッチスクリーンディスプレイが一体化されています。
縦方向のハイマウントストップランプを持つ独特なリアリッドグリルの下に構えるのは、最高出力331kW(450PS)を誇るフラットシックスの新世代ターボエンジン。駆動力は8速ポルシェ ドッペルクップルング(PDK)によっていっそう効率よく路面へ伝達され、濡れた路面状態では先進のウェットモードが安全性を重視したドライビングをもたらします。
伝統を体現すると同時に、未来のビジョンを示す。連綿と受け継がれてきた思想と哲学を全てに宿し、911の比類ない歓びを再び革新します。

Timeless Machine.
過去を誇れるか。未来を語れるか。

The new 911.

モデル概要

thumb01
thumb01
thumb01
thumb01
thumb01
thumb01
thumb01
thumb01

the new 911

Timeless Machine

1963年から、未来へ。
8世代が描く革新と歓びの系譜。

F model 1963-1973

SPECIAL CONTENTS

MODELS