HOME

ポルシェセンター青山 世田谷認定中古車センター

サービス

日本で初めてのポルシェクラシックパートナー認定店の各種サービス、最新のキャンペーン情報をご紹介。
日本最大のワークショップで、経験豊富なポルシェクラシックトレーニング修了メカニックが丁寧に対応します。
お気軽にご相談ください。

キャンペーン情報

ポルシェテクニカルサーティフィケート キャンペーン

ポルシェテクニカルサーティフィケート キャンペーン

この度、弊社クラシックパートナーにおいて、サーティフィケートキャンペーンを実施致します。
サーティフィケートは、出生証明に車両のコンディションチェックを組み合わせた新たなサービスです。
お得なこの機会に、ぜひご利用下さいませ。

【日程】2020年8月24日~2020年9月30日
【対象】キャンペーン期間中、車検もしくは12ヶ月点検とともに、サーティフィケート取得をご依頼いただいたお客様。
※対象車種:356シリーズ、996までの911シリーズ、914/924/944/968/928、986ボクスター、959、カレラGT
【内容】ポルシェ純正消耗部品の交換をご用命頂いた場合、部品代金を10%オフでご提供いたします。
※例:各種フィルター類、各種油脂類
【お問合せ】ポルシェセンター青山 世田谷クラシックパートナー

サービス実績

空冷ポルシェの整備について

空冷ポルシェの整備について

空冷ポルシェをご検討されているお客様にとって、大きな懸念事項の一つが“エンジンオイル漏れ”であるかと思います。
オイル漏れのケースとしては、大きく分けて二つ考えられます。

①大がかりなエンジンオーバーホール作業(エンジン脱着・分解・部品交換)が必要となるケース(スルーボルトからのオイル漏れ含む)
②エンジンを車載した状態で比較的簡単に修理が完結するケースです。

※降ろされた状態のエンジン

後者は、タペットカバーやチェーンケース部分からのオイル漏れなどを含み、多くの空冷ポルシェが入庫時点で抱えている症状です。
車両によっては、それらの部品の上からシーリングを行い、オイル漏れを“修理する”のではなく、“見えなくする”様に施工されているお車もみられます。

※エンジンオーバーホールの様子。

弊社で販売する空冷ポルシェについては、エンジンオーバーホールが必要な車両を現状販売することはなく、タペットカバーやチェーンケースからのオイル漏れが見られる車両については、必ず整備を行ったうえで納車致します。

空冷ポルシェの購入をご検討されているお客様は、エンジン下回りをリフトで見て頂くことも可能でございますので、お気軽にお申しつけ下さい。
多くのお客様が安心して空冷ポルシェをお楽しみ頂くお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

※修理済みのエンジン。
ポルシェクラシックテクニカルサーティフィケート

ポルシェクラシックテクニカルサーティフィケート

2019年より新たなサービスとして開始した”ポルシェクラシック テクニカルサーティフィケート”。

従来どおりエンジン・ギアボックス番号等の照会を行う“出生証明”としての側面に加え、お持ちのクラシック車両の“現状コンディションチェック”としての役割も果たしております。

エンジン・シャシーからインテリアに至るまで、50を超えるチェック項目で愛車の健康診断を行い、世界共通の規定アングルで車両撮影を行います。
法定点検や車検時の項目と重なる部分もありますので、その際に併せてのご依頼も歓迎致します。

ご不明点やご予約に関しましては、ポルシェセンター青山 世田谷クラシック部門までお問合せください。
PORSCHE ORIGINALE

PORSCHE ORIGINALE

ポルシェクラシック純正パーツやアクセサリ類の製品ハイライト、各国クラシックパートナーのイベント情報などが掲載された、ポルシェクラシックカタログ「ORIGINALE」。
最新刊の第5号も、ポルシェセンター青山世田谷クラシックパートナーにて好評取り扱い中です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。