Porsche Driving Athlete Report
Porsche Driving Athlete

世界に挑戦する若きアスリートを応援

ポルシェは、スポーツカーメーカーとして、現状を打ち破るべく挑戦を続け、進化させることを追求してきたブランドです。
ポルシェジャパンでは進化と挑戦を続ける、世界で活躍する日本人アスリートを『Porsche Driving Athlete』として任命し、その挑戦を応援しています。

Porsche Driving Athlete

南野 拓実

■ 南野 拓実(みなみの たくみ)選手プロフィール

生年月日:
1995年1月16日(23歳)
出身地 :
大阪府
身長体重:
174㎝・67kg
競技  :
サッカー
略歴  :
1995年1月16日、大阪府泉佐野市生まれのプロサッカー選手。中学入学と同時にセレッソ大阪の下部組織に入団。2009年にクラブユースサッカー選手権大会で得点王を獲得し、U-15日本代表にも選出されて以来、各年代代表として活躍する。2015年1月にオーストリア・ブンデスリーガのFCレッドブル・ザルツブルクに移籍。

■ Driving Athleteに任命した理由

南野選手は、10代の頃より数多くの世界大会で挑戦を続けてきました。そして2015年からはオーストリアという世界の舞台に自ら挑戦し、日々進化を遂げています。このような進化と挑戦をし続ける南野選手の志に感銘を受け活動を支援することを決定しました。 南野選手は、俊敏な動きで他の追随を許さない彼のプレースタイルをイメージし、ポルシェのスポーツカー車種(911、718、パナメーラ)を中心としたモデルのイメージキャラクターとして活動いただいております。

南野 拓実

Porsche Driving Athlete

羽根田  卓也

■ 羽根田 卓也(はねだ たくや)選手プロフィール

生年月日:
1987年7月17日(30歳)
出身地 :
愛知県
身長体重:
175㎝・70kg
競技  :
カヌースラローム競技
所属  :
ミキハウス
略歴  :
幼少時からスポーツ一家で育ち、7歳~9歳までは器械体操、9歳から父と兄の影響でカヌー スラロームを始める。世界レベルで活躍する事を目標に、高校を卒業してすぐ強豪国のスロバキアへ単身渡る。 リオ五輪にてこの競技でアジア人初となる銅メダルを獲得し、一躍カヌー競技を日本中に知らしめた。スロバキアの首都ブラチスラバの国立大学院を卒業し、2020年にはさらなるメダル獲得を目指す。

■ Driving Athleteに任命した理由

羽根田選手は、高校卒業後、スロバキアに移り住み、ヨーロッパで挑戦し続けてきました。国際的大会でも多くの実績を持つことは、羽根田選手が進化を続けてきた証です。このように挑戦を続ける羽根田選手の活動を支援するため、Driving Athleteに任命しました。羽根田選手は、特にカヌー競技の特性上、市街地での移動はもちろん山間部を行き来することも多いことから、ポルシェのSUV車種(カイエン、マカン)を中心としたモデルのイメージキャラクターとして活動いただいております。