閉じる

Porsche Gran Turismo Cup
Asia Pacific

言語を選択/Please select your language

アジアに響き渡るエギゾースト
ポルシェEスポーツレーシングの祭典が始まる

Porsche Gran Turismo Cup
Asia Pacific 開幕

「Porsche Gran Turismo Cup Asia Pacific(ポルシェグランツーリスモカップアジアパシフィック) 」は、ポルシェカレラカップジャパンおよびポルシェスプリントチャレンジジャパンに続く、ポルシェ主催の3つめのワンメイクレースシリーズ(Eスポーツゲーム)です。2019年にシーズン1として初開催された「Porsche Esports Racing Japan(ポルシェEスポーツレーシングジャパン) 」が今年は日本だけでなく韓国・台湾をはじめとしたアジア全域での開催とスケールアップして帰ってきました。各地域で5戦開催されるオンライン予選のうちベスト3戦の総合獲得ポイント数の高い上位5名×4地域の合計20名で予選を行い、各地域のTOP1名×4地域と全体上位6名の10名がファイナリストとして決勝戦に参加できる切符を手にします。
栄えあるPorsche Gran Turismo Cup Asia Pacificの初代チャンピオンはポルシェ・エクスペリエンスセンター東京へご招待。

Road to Asia Pacific Champion

開催エリア

Eスポーツレーシングの盛り上がりをみせる
アジアパシフィック全域で同時開催

  • ・ブルネイ
    ・インドネシア
    ・マレーシア
    ・ニュージーランド
  • ・フィリピン
    ・シンガポール
    ・タイ
    ・ベトナム

アジアパシフィック

予選ラウンド開催スケジュール

5戦開催されるオンライン予選のうち、ベスト3戦の総合獲得ポイント数の高い各地域の上位5名が、Porsche Gran Turismo Cup Asia Pacific の決勝へ進出となります。

Round 1

09.05 Sun.

course Fuji International Speedway

911 RSR (991) ’17
911 RSR (991) ’17

1973年、グループ4レースへの参戦を目的として生まれたカレラRSRから始まりモータースポーツの世界に輝かしい軌跡を残してきたRSRの系譜。2016年ロサンゼルスショーでヴェールを脱いだ生粋のコンペティションマシン911 RSRは510PSを発揮する自然吸気4L直噴の水平対向6気筒エンジンをついに後輪車軸より前にミッドマウント。2017年6月のル・マン24時間レースでは、911 RSRがレースをリードし、多くのスポーツカーファンの目に圧倒的なポテンシャルを焼きつけた。

Round 2

09.19 Sun.

course Circuit de la Sarthe

919 Hybrid (Porsche Team)’16
919 Hybrid (Porsche Team)’16

919 ハイブリッドは、ポルシェが世界耐久選手権やル・マン24時間を戦うために開発したプロトタイプスポーツカー。
カーボンコンポジットによるモノコックに2LのV型4気筒ターボをミッドシップにレイアウト。Li-ionバッテリーを採用し、フロントアクスルにはERSを備えた全輪駆動である。エンジンからリアアクスルに500 PS、ハイブリッドシステムからフロントアクスルに400 PSという構成は875 kgの車体を100km/hまで2.2秒、200km/hを4.8秒で駆け抜ける。

Round 3

10.03 Sun.

course Mount Panorama

Cayman GT4 Clubsport ‘16
Cayman GT4 Clubsport ‘16

ケイマン GT4は、911から多くのコンポーネントを譲り受けたケイマン史上最速の1台だった。
エンジンは3.8L水平対向6気筒で、385PSというパワーは911 カレラを凌ぐ。フロントサスペンションやブレーキシステムには911 GT3用のものが流用され、スタビリティや制動能力においても、他と一線を画すパフォーマンスを実現していた。進化はそれで終わらなかった。2016年、ポルシェはケイマン GT4をより研ぎ澄ませたモデルを発表。それがケイマン GT4 Clubsportだ。

Round 4

10.10 Sun.

course Goodwood Motor Circuit

356 A/1500 GS GT Carrera Speedster ‘56
356 A/1500 GS GT Carrera Speedster ‘56

1949年に登場したポルシェ初の量産モデルポルシェ 356。
自然にラウンドするフロントウィンドウ、インパネ上部のソフトパッド、ステアリング中央のボタン式ホーンなど、随所にモダナイズが図られたこの356Aの心臓部には、レーシング・スポーツカーだったポルシェ 550スパイダー用を少々ディチューンした4カムシャフトのヘッドを持つエンジンを搭載。1500 GS Carreraには100PS、1500 GS GT Carreraには110PSという2つのスペックが用意された。

Round 5

10.31 Sun.

course Circuit de Spa-Francorchamps

962 C '88
962 C '88

ポルシェがWEC(世界耐久選手権)を戦うために1985年に実戦デビューさせたプロトタイプ・レーシングカーポルシェ 962 C。
フラット6ツインターボエンジンを962の車体に搭載し、デビューイヤーのWECで10戦7勝。翌1986年にはWECの後継となったWSPC(世界スポーツ・プロトタイプ選手権)でル・マン制覇を含め9戦4勝、1987年にはWSPCでル・マン制覇、1988年にはル・マン準優勝など、ポルシェに数多くの勝ち星やタイトルをもたらした。

決勝ラウンド

予選

予選ラウンドを勝ち抜いた20名がファイナリストを目指して予選を戦います。

日本

日本

韓国

韓国

台湾

台湾

アジア
パシフィック

アジアパシフィック
WINNER

決勝

ファイナリストとして勝ち抜いた10名で決勝を戦います。
この熾烈な戦いを勝ち抜いた1人がPorsche Gran Turismo Cup Asia Pacific 初代チャンピオンとしてポルシェ・エクスペリエンスセンター東京にご招待。

めざせアジアの頂点。

エントリー方法

予選ラウンド1~5では日本時間 ①21:00 ②22:30 と2回のプレーチャンスがございます。どちらかのみの参加も可能です。
『 グランツーリスモSPORT』のゲーム内 [スポーツモード] を選択し、「Porsche Gran Turismo Cup Asia Pacific」と記載されたイベントにご参加ください。マニュファクチャラー契約に制限はありません。
エントリー締め切りの15分前より受付が開始されます。各日程でコースが異なり、各ラウンドの獲得ポイントにより上位20名が選出されます。大会参加の対象年齢は18歳以上です。

大会概要

大会名称 Porsche Gran Turismo Cup Asia Pacific
開催日程 2021年9月5(日)〜
主催 ポルシェジャパン株式会社
優勝賞品 ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京にご招待。
入賞 Hugo Boss, Tag Heuer, Bose等、素敵なコラボアイテムをご用意致します。
競技ソフト グランツーリスモSPORT(発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
協力 ポリフォニー・デジタル
お問い合わせ

<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェジャパンに関するお客様からのお問い合わせ先
ポルシェコンタクト 0120-846-911

PS4®用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』に関するお客様からのお問い合わせ先
プレイステーション カスタマーサポート
https://www.playstation.com/ja-jp/support/

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
ポルシェジャパンに関するお客様からのお問い合わせ先
ポルシェジャパンPR事務局 TEL:03-5572-6063 / e-mail:porsche_pr@vectorinc.co.jp
ポルシェジャパンプレスサイト https://press.jp.porsche.com

*1「PlayStation」、「PS4」および「グランツーリスモ」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
© 2019 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.